先頭へ戻る

Department of Respiratory Medicine and Allergology, KINDAI UNIVERSITY, Faculty of Medicine

お知らせ・新着情報

私たちの理念

呼吸器・アレルギー疾患で苦しむ患者さんは激増しています。超高齢化社会を迎え、激増する喘息などの老人性の呼吸器疾患、PM2.5、花粉、ダニなどの空気汚染で増えるアレルギー疾患、しかし呼吸器専門医とアレルギー専門医は非常に少ないことも事実です。

“1人でも多くの患者さんを救いたい”そのためには
“1人でも多くの専門医を多く育てたい”
“より優れた診断・治療法を見つけたい”
これが私たち呼吸器・アレルギー内科の理念です。

診断治療の種類は、気管支喘息、肺気腫、慢性気管支炎、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群、アレルギー性呼吸器疾患、ハチアレルギーおよびサルコイドーシスなど、日本で最も豊富と言っても過言ではありません。

患者数は気管支喘息患者約1000~1500人、COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者約500人、他の呼吸器・アレルギー疾患患者数1000人、近隣はもちろん、大阪府内、西日本、全国から通院されています。

呼吸器・アレルギー関連の学会、研究会にも積極的活動しています。私たちは国内だけでなく世界トップレベルの医療の提供を目指して努力しています。今のあなたの選択が、将来本当に良かったと、言えるように私たちはできる限りの努力をします。