先頭へ戻る

Department of Respiratory Medicine and Allergology, KINDAI UNIVERSITY, Faculty of Medicine

初期臨床研修プログラム

研修期間

1年次 3カ月間
2年次 2カ月間とする

研修内容と到達目標

研修内容

病棟研修

1対1で指導医のもと、患者診療を行う。病棟カンファランスでは指導医の本に各受け持ち症例のプレゼンテーションを行う。

外来研修

新患・再来の担当医のもと、外来診察、処置の指導を受ける。この間に外来カルテの記載、投薬、検査の実際を学ぶ。

気管支内視鏡検査および肺機能検査の研修

週に1~2回担当し、実施手技を体得し、さらに所見の解釈の仕方を研修する。

呼吸管理の研修

病棟において、呼吸不全患者の管理の方法、在宅酸素療法・人工呼吸療法について研修する。

カンファランス

教室全体の症例検討会、カンファランスおよび疾患分野別カンファランスを行い、症例を中心に診断、治療の問題点の抽出、解決法などを指導する。


到達目標

医師にとって必要な呼吸器・アレルギー疾患の診断、治療方法、呼吸管理、抗菌薬使用に関する基本的知識と実践方法を研修する。


研修項目

基本的診察法

  • 医療面接
  • 全身診察法(視診、触診、打診、聴診)

諸検査法

  • 血球算定、生化学検査、尿検査
  • 胸部レントゲン写真、CT、MRIによる画像診断、PETを含む全身および胸部核医学的検査
  • 超音波検査
  • 気管支内視鏡検査:組織採取(直視下、透視下)、病巣擦過(直視下、透視下)、針穿刺吸引、気管支洗浄、 気管支肺胞洗浄
  • 動脈血ガス分析のための動脈血サンプル採取
  • 喀痰検査(一般細菌・結核菌塗抹培養、感受性テスト)
  • 血液・尿・便・咽頭ぬぐい液・胸水・胃液・その他試料からの細菌学的検査
  • 細胞診(喀痰、経気管支擦過、経皮肺生検)
  • 胸腔穿刺、胸膜生検
  • 透視下経皮肺生検
  • CTガイド下肺生検
  • 呼吸機能検査、気道過敏性試験、咳感受性試験
  • 睡眠ポリソムノグラフィー(スクリーニング検査、精密検査)
  • 運動負荷試験
  • 皮膚試験
  • 薬物負荷試験

呼吸器・アレルギー性疾患の治療手技

  • 末梢静脈・中心静脈路の確保
  • 呼吸器・アレルギー疾患の薬物療法〔抗菌薬、抗結核薬、ステロイド薬(吸入、経口、注射)、気管支拡張薬、免疫抑制薬、抗癌剤、その他種々の薬物〕
  • 呼吸管理法(酸素療法、気管内挿管、人工呼吸器の使用法、在宅酸素療法、在宅人工呼吸呼吸器療法(nCPAP、NPPV)
  • 吸入療法
  • 体位ドレナージ
  • 胸腔ドレナージ
  • 嚥下性肺炎の対策
  • アナフィラキシーショック時の対応、ハチアレルギーに対する減感作療法
  • 喘息発作時の対応
  • 急性、慢性呼吸不全時の対応

◎研修が望まれる疾患

喘息(アスピリン喘息も含む)、呼吸器感染症、睡眠時無呼吸症候群、慢性閉塞性肺疾患、肺結核症、びまん性間質性肺炎、肺癌、その他の悪性腫瘍、自然気胸、肺血栓塞栓症、胸膜炎、好酸球性肺炎、過敏性肺炎、膠原病肺、肉芽腫性肺疾患、薬物アレルギー、ハチアレルギー、その他


教育課程

時間割りと研修医配置予定(表)

呼吸器・アレルギー内科病棟(47病棟)に勤務し、週に1~2回は内視鏡室において気管支内視鏡検査の研修を受ける。

勤務時間

基本的には9-17時までを病棟、外来勤務とする。その他カンファランス等に参加する。
当直は指導医とともに月に3回程度行う。

教育に関連する行事

週間予定表に示したスケジュールに従う。

午後 呼吸機能検査、気道過敏性検査ならびに咳感受性検査
午後6時30分より
呼吸器疾患に関する専門書の輪読会(第1,2,5週)、感染症レクチャー(第3週)、胸部画像読影会(第4週)
午後7時より
気管支内視鏡カンファランス
午前8時より 呼吸器病学・アレルギー学に関する抄読会、並びに医局会
午前9時より 気管支内視鏡検査
正午より 昼食会
午後1時より 入院症例カンファランス
午後4時より 教授病棟回診
午後5時より 症例検討会
午後 呼吸機能検査、気道過敏性検査ならびに咳感受性検査

週間予定表

午前 午後
病棟研修 病棟研修および外来研修
病棟研修および外来研修 呼吸機能検査,気道過敏性検査,咳感受性検査.
午後6時30分より
輪読会(第1,2,5週)
感染症レクチャー(第3週)
胸部画像読影会(第4週)
抄読会,医局会(午前8時)
気管支内視鏡検査(午前9時)
昼食会(正午)
病棟カンファランス(午後1時)
教授回診(午後4時)
症例検討会(午後5時)
病棟研修および外来研修 病棟研修
病棟研修 呼吸機能検査,気道過敏性検査
病棟研修

研修施設とプログラムの指導者

基幹病院
近畿大学医学部附属病院呼吸器・アレルギー内科
プログラム指導者:佐野博幸
病床:29床〔47病棟 29床(うち、ハイケア病床4床)〕
外来:新患患者数;年間約1,700名
再診患者数;年間約27,200名
新入院患者数;年間約600名