先頭へ戻る

Department of Respiratory Medicine and Allergology, KINDAI UNIVERSITY, Faculty of Medicine

後期研修プログラム

1. 診療実績

呼吸器疾患・アレルギー性疾患(喘息,呼吸器感染症,慢性閉塞性肺疾患,慢性咳嗽,間質性肺炎,膠原病肺,肉芽腫性肺疾患,アレルギー性肺疾患,胸膜疾患,睡眠時無呼吸症候群,職業性肺疾患,肺血栓塞栓症,腫瘍,薬物アレルギー,アレルギーに対する減感作療法など,呼吸器・アレルギー領域全般)の診療を行っています.特に,喘息診療では西日本でも有数の施設であります. 近隣の開業医との病診連携も進めており,在宅酸素療法,在宅人工呼吸器(NPPV),CPAPなどを積極的に導入しています。

外来は,月曜日から土曜日まで,4診(初診:1診,再診:3診)、病棟は29床で運用しています。うち、重症呼吸器疾患患者用にハイケア病床を4床有しています。

検査は、気管支内視鏡、経皮肺生検(透視下、CTガイド下)、肺機能検査、気道過敏性検査、運動負荷テスト、アレルギーに対する皮膚テスト、終夜睡眠ポリソムノグラフィーなどを行っています。

入院患者数は年間約600名、外来患者数は月約2400名です。

2. 認定施設

  • 日本内科学会認定教育病院
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本アレルギー学会認定教育施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設
  • 日本感染症学会認定施設
  • 日本気管食道科学会認定専門医研修施設

3.就職後の勤務予定

外来診察は原則的に、4年目で教授、准教授外来の陪席を担当して外来診療の研修を行い、5年目で初診1コマ、7年目で再診1コマを担当します。
入院患者は、平均5症例を受け持ちます。
当直は、月に3回です。
週に一度の外勤病院への出向があります。
また、関連病院(国立病院機構南和歌山医療センター、東大阪市立総合病院、橋本市民病院、近畿大学医学部堺病院、近畿大学医学部奈良病院)への出向があります。いずれの施設も、呼吸器科部長は当科出身のOBです。

4.大学院生の臨床業務について

大学院生は、原則的に1・2年目は入院患者を受け持ち、3年目以降で外来診療のみ担当します。

5.入局後,どのような将来の選択肢が確保されているか

● 入局後はまず、認定内科医取得のため、当科での診療に従事し、症例の経験を積み重ねる。
また、当科関連の近畿大学医学部奈良病院、堺病院や日本内科学会認定教育・教育関連病院(国立病院機構南和歌山医療センター、東大阪市立総合病院、橋本市民病院など)へ出向し、認定内科医取得のための診療を行う選択肢もある。

● 認定内科医取得後は、当科もしくは近畿大学医学部奈良病院、堺病院、関連病院(東大阪市立総合病院、橋本市民病院など)で呼吸器専門医、アレルギー専門医、気管支鏡専門医、気管食道科専門医、総合内科専門医などの取得のため、さらに研鑽を積む。
他に感染症専門医やインフェクションコントロールドクターの取得も可能である。
なお、いずれの施設も、呼吸器科部長は当科出身のOBである。

<取得可能な資格>

  • 学位(医学博士)
  • 認定内科医・総合内科専門医及び指導医
  • 呼吸器専門医及び指導医
  • アレルギー専門医及び指導医
  • 気管支鏡専門医及び指導医
  • 気管食道科専門医
  • 感染症専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • インフェクションコントロールドクター(ICD)

各専門医取得後(取得前でも)は、研究テーマが与えられ、医学博士取得が可能ですし、前述の関連病院へ出向するコースも選択可能です。
医学博士取得後は、ポスドクとして海外留学が可能です(現在まで、米国Mayo Clinic、英国Southampton Universityなどへ留学生を送り出してきました)。
また、医学博士取得の有無に関わらず、医学部長の推薦により、先端医療を学ぶために、国内留学の機会が与えられることもあります。

6.取り組んでいる研究テーマとその業績

喘息について:動物モデルを用いた病因論と機序の解明、遺伝学、種々の臨床研究を行っています。

慢性閉塞性肺疾患について:慢性呼吸不全患者に対する呼吸リハビリテーションを行い、肺生理学的、栄養学的にその効果について解析しています。これについては、看護師、理学療法士、薬剤師、栄養士らと共同で取り組んでいます。

呼吸器感染症について:抗菌薬の薬理学的研究やその効果的な使用法についての臨床的研究を行っています。

睡眠時無呼吸症候群について:臨床検査技師の協力のもと、終夜睡眠ポリソムノグラフィーを行い、睡眠時無呼吸症候群の病態解析を行っています。
これらのテーマに関する業績は、数々の英文論文や学会シンポジウム、一般演題等で報告しています。

7.外勤の情報

週に一度、近隣の外勤病院へ出向します。業務内容については各病院により異なりますが、基本的には外来診察のみ、もしくは病棟回診のみですが両方を兼ねる場合もあります。