先頭へ戻る

Department of Respiratory Medicine and Allergology, KINDAI UNIVERSITY, Faculty of Medicine

研究

研究名称:びまん性汎細気管支炎の全国調査2014
1. 対象平成26年1月~12月に当院を受診し、びまん性汎細気管支炎(DPB)の診断を得た症例。
2. 期間2017年1月~3月
3. 研究機関名近畿大学医学部附属病院(多施設共同研究の代表 公益財団法人 結核予防会 結核研究所)
4. 目的我が国における本疾患の実態、診断、治療上の問題点の有無を明らかにすること。
5. 方法患者特性、自覚症状、合併症または既往歴、家族歴、診断時期、身体所見、血液検査所見、肺機能検査、血液ガス検査、喀痰細菌学的検査、画像検査、病理検査、治療内容、転機、等の情報を提供する。多施設共同研究として重症例、難治例の探索、治療の実態の解析を行い、診断の手引き、治療指針の見直しが必要であるか否か検討し厚生労働科学研究、難治性疾患克服研究事業びまん性肺疾患に関する調査研究班、難治性気道疾患分科会に具体的な提言を行う。
6. 意義現在の日本のDPBの全体像、最近の趨勢が把握され、DPBの診断、治療の手引きを更新するべきか否かについての見解が得られる。
7. 個人情報の扱い登録患者の個人情報は保護される。
8. 問い合せ先近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科
072-366-0221 (内線3602)
責任医師:東田 有智
事務局:西山 理