先頭へ戻る

Department of Respiratory Medicine and Allergology, KINDAI UNIVERSITY, Faculty of Medicine

研究

研究名称:特発性肺線維症患者における診断契機に関する検討
1. 対象1) 2008年1月~2019年12月の間に当院呼吸器・アレルギー内科にて、特発性肺線維症と診断された患者。
2) 年齢20歳以上
2. 期間2008年1月~2019年12月
3. 研究機関名近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科
4. 目的特発性肺線維症患者の診断契機が予後に与える影響を明らかにする
5. 方法2008年1月~2019年12月の間に、近畿大学病院呼吸器・アレルギー内科にて特発性肺線維症と診断された患者を後方視的に調査する。
6. 意義特発性肺線維症患者の実臨床における診断契機、診断契機別の予後が明らかとなれば、治療内容の見直しが検討され、予後の改善が望める可能性があり、今後の特発性肺線維症の臨床に意義を与える。
7. 個人情報の扱い本試験は一般臨床において診断した肺疾患合併PH患者について後方視的に調査を行う後ろ向き研究であるため、患者への説明および同意の取得は行わない。ただしオプトアウトにより、患者情報の使用の拒否の機会を保障する。また、説明機会がある研究対象者には、口頭同意を得て、説明方法・内容・同意の記録をカルテ等に残すこととする。
 患者のプライバシーは十分に保護される。患者氏名を参加施設外へ知らせることはない。学会発表・論文執筆などで解析されたデータが公になることはあるが、個人情報が開示されることはない。
 さらに本研究においては、「ヘルシンキ宣言」を遵守し、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に従い実施する。本研究は、近畿大学医学部倫理委員会に承認を得たのち、実施する。
8. 問い合せ先近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科
072-366-0221 (内線3602)
責任医師:山﨑 亮