先頭へ戻る

Department of Respiratory Medicine and Allergology, KINDAI UNIVERSITY, Faculty of Medicine

研究

研究名称:国際重症喘息登録
1. 対象近畿北陸気道疾患研究会に参加する医療施設を受診した患者で選択基準に合致した者。
【選択基準】
年齢(下限):18歳以上
年齢(上限):適用なし
性別:男女両方
GINAのステップ4の治療にてもコントロール不良、治療ステップ5の治療中の喘息患者
【除外基準】
明かなCOPD患者、研究者が不適当と判断した患者
2. 期間2019年1月4日~2022年12月31日予定
3. 研究機関名近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科
一般社団法人近畿北陸気道疾患研究会に参加の医療機関
Optimum Patient Care Global Limited
4. 目的国際的な重症喘息登録研究(ISAR)が英国、米国など世界20か国が加盟して行われている。この世界的な重症喘息登録研究に日本が加わり、国際共同体制で重症喘息の実態を解析して、重症喘息に対するカギとなる研究の答えを出すことを目的とする。
5. 方法【患者の登録】
各施設の研究者等は、倫理審査委員会の審査を経た同意説明文書を用いて、候補患者(又は代諾者)に対して本研究の概要を説明し、本研究への参加について文書で同意を取得する。
【入力項目】
・患者の詳細(生年月日、性別、人種、身長、体重、職業、気管支熱形成術施行歴)
・喘息増悪歴、喫煙歴 ・合併症 ・血液検査 ・画像検査
・呼吸機能検査 ・気道過敏性検査 ・呼気一酸化窒素濃度
・アレルゲン検査
・喘息コントロール状況
・使用中喘息治療薬
・服薬アドヒアランス
・重症喘息に関する外部寄与因子
・管理計画(今後追加予定の薬剤など)
6. 意義世界的な規模で重症喘息の実態が判明することと、今後の重症喘息対策研究の進展、そして重症喘息治療の改善につながること。
7. 個人情報の扱い研究に係るデータ類および同意書等を取扱う際は、被験者の個人情報とは無関係の被験者識別コードを付して管理し、被験者の秘密保護に十分配慮する。研究の結果を公表する際は、被験者を特定できる情報を含まないようにする。また、研究の目的以外に、研究で得られた被験者のデータを使用しない。
8. 問い合せ先一般社団法人近畿北陸気道疾患研究会
近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科
072-366-0221 (内線3602)
責任医師:岩永賢司