先頭へ戻る

Department of Respiratory Medicine and Allergology, KINDAI UNIVERSITY, Faculty of Medicine

研究

研究名称:気管支拡張症合併難治性喘息の実態調査
1. 対象気管支拡張症/細気管支炎合併難治性喘息の患者。中枢性の気管支拡張を呈するアレルギー性気管支肺真菌症の患者も含みます。
2. 期間調査対象期間:2015年1月1日~2019年9月30日
研究期間:2024年12月31日まで
3. 研究機関名日本呼吸器学会認定・関連施設、日本アレルギー学会教育研修施設
4. 目的気管支喘息の合併病態として気管支拡張症や細気管支炎があり喘息の難治化に関わりますが、本邦におけるその頻度や治療実態は不明です。本検討では、気管支拡張症/細気管支炎合併難治性喘息の頻度や病型、病態について全国調査を行うことでその実態を明らかにし、適切な管理につなげることを目的とします。
5. 方法【患者の登録】
上記医療施設において上記期間に受診歴のある気管支拡張症/細気管支炎合併難治性喘息患者について、施設担当医師に後ろ向きのアンケート調査を行います。
【収集項目】
性別、診断時年齢、既往歴、併存症、喫煙歴、治療内容、症状などの因子、血液データ、呼気NO、呼吸機能、喀痰情報、画像所見等。
氏名や住所は収集いたしません。診療を受けた施設で匿名化された後、情報は京都大学医学部附属病院の下記診療科へ提供されます。なお、倫理委員会で審議・承認された研究に限り、新たな研究で情報を利用する可能性があります。
6. 個人情報の扱い各研究機関の個人情報管理者は、研究に用いる情報を個人が特定できないように匿名化して管理し、個人情報を保護します。匿名化された後、下記研究機関に提供されます。なお、倫理委員会で審議・承認された研究に限り、新たな研究で情報を利用する可能性があります。
7. 問い合せ先京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学
研究責任者:松本久子
近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科
072-366-0221 (内線3602)
責任医師:岩永賢司